オフィス移転を行う時のポイント

オフィス移転を行う時に知っておくと良いポイント

押さえておきたいオフィス移転の注意点

自身で始めた仕事ならば多くの場合、開業当初は小さなマンションの一室や、自宅の一室を使っていても、年々売上、業績が上がって事業の拡大や従業員増加を考えた時に現在の部屋が手狭に感じてきます。大体そのタイミングでよりよい仕事環境を求めてオフィス移転を検討しますが、単に不動産情報を見て建物とオフィスの間取りを見るだけで決めてしまっては後々問題点に気づくことになります。オフィス移転の際には周囲の環境や立地などよく検討するべき点がたくさんありますから実際に自分の足で検討している移転先の周辺を歩き調べておく必要があります。一旦オフィス移転をした後、後悔しても契約時にかなりのお金を使うことになりますから、なかなかすぐに別のオフィスをというわけにはいきません。

移転先予定のオフィスの周辺をよくチェックすること

希望の移転先は駅から徒歩で行ける距離にあるのか、駐輪場や駐車場が近くにあったり使い勝手がいいのか、オフィス周辺は繁華街の中なのか静かな住宅が多く並んでいるのか、朝の出勤時の様子、夜の帰宅時の様子など細かくチェックする必要があります。近くにコンビニやスーパーなどのお店があることも調べた方がいいです。不動産会社の担当者にも具体的に周辺の環境について話を聞いておくといいです。また予定しているオフィス周辺では近所の住民とトラブルが起きやすいか、トラブルがありそうな要因になるものはないか、仕事関係の人が何人も出入りしても問題ないかなど、移転した後のことも考えておかなければなりません。一度移転するからには数年~十数年は新しいオフィスを利用するわけですから、色々なことを想定しておく必要があります。

移転時は営業日に影響のない日に行う

移転が決定したら、予め移転作業日を決めておく必要がありますが、繁忙期は避けた方がいいでしょう。どの業種でも、移転作業を終えたらすぐにいつも通り仕事に取り掛かれる状況が好ましいです。休業日を利用したり、忙しくない日や季節にまとまった休業を取って作業をするなど工夫をしましょう。その際には、営業先や顧客など、全ての仕事関係者には事前に移転作業の旨を報告し、混乱させないようにしておく必要があります。もちろん同じく事前に、移転先の住所や連絡先をハガキやメールを使って仕事関係者には報告を済ませておかなくてはいけません。スムーズに普段の仕事に移れるように、早めに手配をするべきです。経営者ご自身や従業員の方の分の新しい住所や電話番号の記されている名刺も事前に作っておき、移転したその日から活用できるようにしておきましょう。

物件探しからお任せください!ゲストのおもてなしとスタッフが効率良く働けるスペースをつくります。 オフィスデザインやオフィス内装のことなら当社にお任せ頂けますと、 リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 社長室だけ、会議室だけといったオフィスのプロデュースもお任せください。 我が会社は、オフィスデザインやオフィス内装をデザインから工事までやり、皆様にお求め易いお値段で手を打ちます。 オフィス移転をお考えなら当社がサポートします