オフィス移転を行う時のポイント

オフィス移転を行う時に知っておくと良いポイント

オフィス移転の実例を経験談と共にご紹介

オフィス移転というのは、非常に大変な作業が多くあります。たとえば、現在いるビル管理へ移転の届け出や、移転に伴い発生する様々な工事の許可などの申請が必要です。そして移転先へのビル管理へも同様の届け出が必要です。また、オフィス移転では欠かせないことが、インターネットや電話回線の移転手続きをしておくことです。特に電話やネット回線の移動は、当日工事ができない場合が時々ありますので、少し余裕をもって移転申し込みを済ませた方が良いです。特に法人は、複合機など専用の機器があると、工事が延期になることもあるので注意が必要です。このように、各種届出が必要で、煩雑な作業を、インターネットで移転専門会社を探して、依頼することができます。業者へ任せることでオフィス移転が一気に楽になります。

オフィス移転で気を付けるべき忘れがちなポイント

オフィス移転は、会社にとって一大事なイベントでありますし、様々な手配をしっかりとしておかなければ、取返しがつかないことがある為、慎重に準備をする必要があります。まず、オフィス移転の際に大切なことは、現在入居しているオフィスとの契約書と新しく入居するビルの契約内容をしっかり確認することが大切です。そのほかにもインターネット回線や、電話回線の移転申し込み、ガスや水道などの変更などの準備も必要ですし、移転先の通信環境に応じて、新しく各種ネットなどの申し込みをしておくことも大切なことです。また、引っ越し業者や、ネット電話回線の工事等、オフィス移転に伴い、通信回線の移動申し込みや、それに伴う作業届などの提出など、様々な手続きが必要になるので、オフィス移転が決定したらすぐに手配を始めると安心です。

オフィス移転当日は何をすればよいの?

オフィス移転の準備もとても大変ですが、当日もしなければいけないことがたくさんあります。例えば、当日のスケジュールの最終確認や、工事の立ち合いは誰にするのかといったことや、ビル管理者への届け出に関する打ち合わせなど、滞りなくオフィス移転をするためには、様々な準備が必要になります。このように、オフィス移転は非常に大変な作業が多いですが、準備や当日の動きをすべて一任できる、オフィス移転の移転専門業者というサービスがあります。専門業者を窓口にすることで、担当者が一元して移転に関するあらゆる手続きを手配するので、オフィス移転の手間や負担が軽減されます。オフィス移転の会社はいろいろありますが、見積もりなどを出すこともできますし、何より重要な移転準備を任せることができる点が魅力的です。