オフィス移転を行う時のポイント

オフィス移転を行う時に知っておくと良いポイント

便利なサービスを利用してオフィス移転をスムーズに行いましょう

オフィス移転は一般家庭の引っ越しと同じような感覚でいると、段取りが悪かったり、各部署のデスク周りの配置がうまく行かず手間取ったり、各作業で混乱が起きたりと、非常に非効率になってしまいます。移転したその日から移転前と同じように通常業務に移れる状態にしておかなければいけませんから、オフィス移転プロジェクトに任命された責任者は責任重大なのです。現在はオフィス移転の専門業者が数多くありますから、お任せするのが一番効率的に作業を終えることができます。OA機器業者や内装工事業者など各業者に移転責任者が見積もりを取る段階でもかなりの時間のロスになりますが、オフィス移転専門業者にお任せすれば、移転までの作業を1本化できてしまうので、膨大にかかる移転作業の時間も短縮化されます。

作業を1本化できるワンストップ移転作業

オフィス移転専門業者に問い合わせると、まずは移転専門業者の担当者との打ち合わせが開始され、レイアウトを相談し、各作業にかかる金額の見積もりも全て移転専門業者1社で出してくれます。内装工事や電話やLAN工事周り、セキュリティ工事など移転に必要なあらゆる工事の手配も全て行ってくれます。もし各作業を各業者に依頼した場合、不明点や問題点がある度に移転プロジェクトの責任者が各業者各担当者に問い合わせなくてはなりませんが、窓口が1本化されているワンストップ移転サービス型であるオフィス移転専門業者であれば、いつ何があってもいつも同じ担当者一人に問い合わせれば、混乱することもなくいつでも話が通じる状態となります。これは企業にとっては通常業務を維持したまま移転プロジェクトを進められるので大変メリットがあります。

移転した後の後始末も全て任せられます

オフィス移転専門業者の仕事は移転先への引っ越しが完了したら業務終了ではありません。移転前まで使用していたオフィス家具やOA機器など、不用品の回収もお任せできます。それだけでなく、移転前のオフィスの原状回復工事も行い、キレイな状態に工事してくれます。タイルカーペットやクロスを張り替えたり、天井ボードを張り替えたり、次の入居予定の企業のためにも、こちらもスムーズに対応する必要があります。オフィス移転プロジェクトの責任者は進捗状況や現場の状況を確認すればいいわけですから、作業自体は最後まで移転専門業者に安心して頼ることができます。移転プロジェクトのメンバーや責任者も普段はそれぞれに通常の業務があるわけですから、専門業者への依頼は金額はかかりますが、ワンストップ型の移転専門業者にお任せすることで、自身の仕事にも集中することができます。