オフィス移転を行う時のポイント

オフィス移転を行う時に知っておくと良いポイント

オフィス移転の全体の流れを解説します

オフィス移転は、大掛かりな引っ越し作業だからとその期間は業務は停止と考えていたら大間違いです。企業はプロ集団ですから、移転作業をしながらも並行して通常の業務もこなしていかなければなりません。企業はいかに効率的に無駄なく移転作業を完了すべきかプロジェクト化し実行する必要があります。少しでも通常業務に支障をきたせば企業の損失にもつながりかねませんので、一切の油断は許されません。そこで窓口が1本化されており、ワンストップで作業を依頼できる、オフィス移転専門業者の力を借りると理想的な移転作業も実現可能ですし、プロならではのアドバイスもいただけます。そこでオフィス移転の専門業者にお任せした場合の効率的なオフィス移転の全体の流れをご紹介します。

オフィス移転専門業者との打ち合わせで安心

企業ならば移転プロジェクトが発足されますが、そのメンバーに任命された場合は、まずオフィス移転専門業者に問い合わせます。そこで担当者になる方と後日打ち合わせをします。移転先のレイアウトや予算のことなど話し合い、移転業者の方にてレイアウトを作成してくれます。その後、見積もりを依頼し、決定後は移転専門業者の方で、移転作業に必要になる様々な業者を手配してくれます。移転プロジェクトのメンバーは、具体的な引っ越しスケジュールや各部署と社員への引っ越しの段どりを決めていきます。移転先の新しいオフィスの工事の進捗状況を確認したり、現場でも確認します。引っ越し当日は移転専門業者が主体の元、引っ越し作業を全て行いオフィス家具等の搬出、移転先への搬入作業を行います。不要回収作業も行い、移転前のオフィスの原状回復作業をし、移転作業を完了することができます。

プロならではの豊富な知識がたくさん

オフィス移転専門業者はただ作業を進めるだけではなく、移転後のことを考えて新しいオフィスで快適に仕事ができるようにアドバイスもしてくれます。それはレイアウト作成時から始まり、いかに使い勝手がよく、効率的に仕事をしやすくするか、プロならではのオフィス環境を提案してくれます。またオフィスの見栄えだけでなく、セキュリティ対策やいざという時の防災対策もしっかり対策をしてくれます。これは内部の従業員や移転プロジェクトメンバーでは気づけない所ばかりです。また、オフィス移転プロジェクト完了後も定期的にオフィスに来て、満足度調査などで移転後の状況確認をしたり、メンテナンスもしてくれますので、長期にわたりオフィスのパートナーとなってお付き合いしてくれますから、金額以上の価値があります。